マイルを他社ポイントや電子マネーEdyに交換

ANAマイルを他社ポイントや電子マネーEdyに交換

貯めたANAマイルは、ANAと提携している各企業のポイントや電子マネーに交換することができます。

ここでは、提携ポイントと交換に必要なマイル数を紹介します。

提携パートナーの一覧

貯まったANAマイルは、10,000マイル=10,000円相当の電子マネーや提携ポイントに交換することが可能です。

交換先には、電子マネー「楽天Edy」や「Tポイント」「楽天スーパーポイント」など、日常で使いやすい提携パートナーが数多くあります。

ANAマイルから交換可能な提携ポイント

提携ポイントに必要なマイルと交換レートは次のようになっています。

尚、ポイントによっては、対象のANAカード会員限定のものもあります。

提携パートナー ポイント交換レート 対象ANAカード
楽天Edy 10,000マイル→10,000円分 Edy機能付きのAMCカード/ANAカード
楽天スーパーポイント 10,000マイル→10,000ポイント -
Tポイント 10,000マイル→10,000ポイント -
nanacoポイント 10,000マイル→10,000ポイント -
Suica(チャージ) 10,000マイル→10,000円分 ANA VISA Suicaカード
iDバリュー 10,000マイル→10,000円分 ANA VISA/マスターカード
iTunesギフトコード 10,000マイル→10,000円分 -
スターバックスカード 10,000マイル→10,000円分 -
ヤマダポイント 10,000マイル→10,000ポイント -
マツモトキヨシ現金ポイント 10,000マイル→10,000ポイント -
TOKYUポイント 10,000マイル→10,000ポイント ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
メトロポイント 10,000マイル→10,000ポイント ANA To Me CARD PASMO JCB
JRタワースクエアポイント 10,000マイル→10,000ポイント JRタワースクエアカード
JRキューポ 10,000マイル→10,000ポイント JQ SUGOCA ANA

マイルを交換できる提携パートナーは他にもたくさんあります。最新情報はコチラ。

⇛ 提携ポイントへの交換 - ANAマイレージクラブ

尚、交換したポイントが反映されるまで、数日のものから1〜2ヶ月を要する場合もあります。それぞれの反映期間は上記リンク先の公式ページで確認できます。

30,000マイル以降のポイント交換は注意

非常に魅力的なパートナー特典ですが、年間3万マイル以上の交換には注意が必要です。

同一年度内(4月1日~翌年3月31日)の交換マイル数が20,000マイルまでは、上記交換レートなのですが、30,000マイル以降は交換レートが変わり、還元率が大幅に小さくなります。

そのため、年間での交換は2万マイルに止めておいたほうがお得です。

詳細はコチラを参照ください。

⇛ 【パートナー特典】30,000マイル以降の交換レートについて


このページの先頭へ