ANAカードを活用して貯める

ANAマイルを貯めるのに抜群の威力を発揮する「ANAカード」。

ここでは、ANAカードの基本機能を中心に、ANAカードを使ったマイルの貯め方を紹介します。

他のクレジットカードよりもマイルを貯めやすいANAカード

ANAカード

ANAカードは、他のクレジットカードのポイント移行よりも、高い積算率でANAマイルを貯めることができます。

マイル交換レート「1%」と高還元

マイル移行手数料(カード種別により異なる)を支払うことで、10マイルコースを利用すれば、クレジットカードの利用100円=1マイルという高い交換レートでマイルが貯まります。

さらに貯まるANAカードマイルプラス参加店

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラスに参加している提携店でANAカードを利用すると、お店により100円=1マイル(または200円=1マイル)が、通常のマイルに加えて付与されます。

対象店舗は、高島屋などの百貨店を始め、セブンイレブン、スターバックス、マツモトキヨシ、ガソリンスタンドやスポーツ施設など数多くあるので、うまく活用すれば日常生活の中でもどんどん貯まります。

⇛ ANAカードマイルプラス対象店舗一覧 - ANAマイレージクラブ

豊富なボーナスマイル

入会・継続時のボーナスマイル

ANAカード入会時と1年ごとのカード継続時にボーナスマイルが付与されます。

カード 入会時のボーナスマイル 継続時のボーナスマイル
一般カード
1,000マイル
1,000マイル
ワイドカード
2,000マイル
2,000マイル
ワイドゴールドカード
2,000マイル
2,000マイル
プレミアムカード
10,000マイル
10,000マイル

航空便搭乗時のフライトボーナスマイル

ANAカード会員であれば、ANAグループ便に搭乗した際、通常の「フライトマイル」に加えて割り増しボーナスマイルが付与されます。

カード 搭乗ごとのボーナスマイル
一般カード 区間基本マイレージの+10%
ワイドカード 区間基本マイレージの+25%
ワイドゴールドカード 区間基本マイレージの+25%
プレミアムカード 区間基本マイレージの+50%

ANAカードならではのオトクな特典

ANA関連企業の利用で会員優待割引

ANAカード会員であれば、ANA関連企業で次のような優待割引を受けることができます。

  • ANAグループ空港免税店での割引 (一般カード:5%OFF、ワイドカード以上:10%OFF)
  • 国内線・国際線の機内販売割引 (10%OFF)
  • 空港内店舗「ANA FESTA」での割引 (10%OFF)
  • ANAショッピング astyleでの割引 (5%OFF)
  • ANAの国内・海外ツアー商品(5%OFF)
  • 成田空港でのパーキング割引

詳細・最新情報はコチラを参照ください。

⇛ 会員ご優待割引 - ANAマイレージクラブ

家族のマイルを合算利用

ANAカード会員は、生計を同一にする配偶者と1親等以内の家族のマイルを合算できる「ANAカードファミリーマイル」という制度があります。

合算したマイルと交換できる特典に制限がありますが、1人ではなかなかマイルが貯まらない場合でも、これを活用すればマイルを貯めやすくなります。

⇛ ANAカードファミリーマイルで家族のマイルを合算

ANA SKY コインへの交換レートアップ

ANA SKY コインANAカード会員であれば、マイルからANA SKY コインへ交換する際に、次の優遇特典があります。

  • ANAカード種類/会員ステイタスと交換マイル数に応じて、交換レート1.2倍〜1.7倍にアップ

⇛ 貯まったマイルを「ANA SKY コイン」に交換する

カードで異なる機能差

ANAカードにはいくつかの種類があり、それぞれで機能やコストも異なります。

10マイルコースのマイル移行手数料

マイル交換レートの優遇サービス「10マイルコース(100円=1マイル)」を利用するには、一般カードとワイドカードの場合は年間費用が掛かり、カードの種別によって費用が異なります。

ANAカードのメリットを最大限に活かすには「10マイルコース」は欠かせないので、年会費とマイル移行手数料を含めたカード維持費を考えると、「ANA JCBカード」が最もオトク。

一方で、国内・海外問わず使い勝手が良いのはやはり「ANA VISAカード」だと思います。

ゴールドカード、プレミアムカードは、マイル移行手数料は無料です。

手数料比較の参考に ⇛ ANAカード比較

カード付帯の電子マネー

電子マネー 対象ANAカード マイルの貯め方
楽天Edy ANA JCBカード
ANA VISA/マスターカード
ANAアメリカン・エキスプレス
ANAダイナース
・楽天Edyの利用で200円=1マイルが貯まる
QUICPay(クイックペイ) ANA JCBカード
ソラチカカード
・QUICPayの利用で貯まったOki Dokiポイントはマイルに移行可能
iD ANA VISA/マスターカード
ANA VISA Suicaカード
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
・iDの利用で貯まったワールドプレゼントポイントはマイルに移行可能
Suica ANA VISA Suicaカード ・カード決済のSuicaチャージで貯まったワールドプレゼントポイントはマイルに移行可能
PASMO ソラチカカード ・PASMO利用で貯まったメトロポイントはマイルに移行可能
・カード決済のPASMOオートチャージ/定期券購入で貯まったOki Dokiポイントはマイルに移行可能
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード ・PASMO利用で貯まったTOKYUポイントはマイルに移行可能
・カード決済のPASMOオートチャージ/定期券購入で貯まったワールドプレゼントポイントはマイルに移行可能
PiTaPa ANA JCBカード
ANA VISA/マスターカード
・PiTaPaの利用で貯まったショップdeポイントはマイルに移行可能

Edyチャージでマイルが貯まるANAカード

Edyチャージでマイルが貯まるANAカード

ANAカードの内、クレジットカード決済でのEdyチャージでマイル(200円=1マイル)が貯まるカードは、次のカードに限られます。

ANAグループの利用でポイント1.5倍になるAMEX

ANAアメリカン・エキスプレスカードは、ANAグループでの航空券や旅行商品の購入、機内販売等の利用で、ポイント付与が1.5倍(ゴールドだと2倍)になります。

⇛ ANAアメリカン・エキスプレス・カード

カードブランドによる使いやすさ

ANAカードのブランド

カードブランドによって、国内や海外での使いやすさが異なります。

日本国内であればJCBが最大の加盟店数を誇り、VISA/マスターカードも遜色ありません。

一方で、海外ではVISA/マスターカードが群を抜いた加盟店数になります。JCBは欧米・アジアの主要都市では問題ありませんが、一部地域では利用できる店舗が制限されます。

カードを使う機会が国内だけなのか、海外でもよく使うのか、その辺りも踏まえてブランドは選ぶ必要があります。

ANAカード機能比較の一覧表

上記のように、ANAカードの種類によって、機能面や手数料等に差があります。

これらをわかりやすいように、一覧表形式で纏めていますので、こちらも参考にどうぞ。

⇛ ANAカード比較


このページの先頭へ